晴れたら山、雨なら温泉、さぁ今日はどっち?

はしご湯のすすめ・日本放浪編

日本半周・2018 山歩き 北アルプス

薬師峠~雲ノ平~高天原~三俣蓮華~黒部五郎・5泊6日テント泊周回・その7~水晶岳・黒部源流・三俣~

投稿日:

2018年7月23日(晴れ)

この日も朝からとても良い天気です。

 

 

朝ごはんも美味しくいただきました。

これから縦走の後半戦が始まるので、体力温存のため泣く泣く朝風呂はやめましたが、同じコースを歩くシニア男性が朝風呂をたっぷり楽しんで出発されました。むむむ、やるな。

さぁーー小屋泊まりで充電完了!元気も体力も復活です。山小屋利用ってホントに楽で体力的にも全然違います。荷物も圧倒的に軽くなるし、我家もある程度の年齢が来たら山小屋泊まりで縦走したいなぁー。それまではテント装備でガンバロー。

6:00高天原山荘出発です。既にほとんどの人は出発した後で、おそらく後ろから二番目くらいの遅い出発となりました。それだけ去りがたかったというワケですが。そういえば、こちらの山小屋は「街の情報を得る手段が登山者から聞く程度しかない」とサドゥのようなスタッフのお兄ちゃんが嘆いていたので、出発直近の新聞などをお土産に持っていってあげるのもいいかなぁーと思いました。新聞ならいろいろ活用もできるし(たぶん)。お兄ちゃん、頑張ってね。

 

このゴールデンレトリバーの毛並みのような美しい湿原の眺めも見納め。

本日は岩苔乗越を経て水晶岳に寄り、黒部源流から三俣山荘を目指します。岩苔乗越から水晶岳→ワリモ岳→鷲羽岳→三俣山荘というコースが一般的かもしれませんが、鷲羽岳は明日登りたいのと、黒部源流を通ってみたかったというのもあって、このルートを選びました。

高天原山荘からすぐにある岩苔乗越への分岐からしばらくは樹林帯が続きます。

 

途中に水晶池の案内があったので寄ってみました。誰もいない山の中の池は、これから向かう水晶岳がそびえる神秘的な雰囲気でしたが・・・とにかく蚊が多い!よく見ると池からわんわんと蚊が発生しているのが見えます。久々の獲物登場に総出で攻めてきます!慌てて撤収!

 

しばらく行くと目の前が明るく開け、あちこちで清水が流れる清々しい草地に出ました。

 

瑞々しい花々が咲き誇っています。

 


 

いい季節に来られたなぁー。

 

流れ出る清水のなんて冷たく美しいこと。

 

後ろを見れば薬師岳。なんだか夢のような眺めです。

 

8:45岩苔乗越てす。ここは、高天原方面、雲ノ平方面、高瀬ダム方面、三俣方面などへ道を分ける十字路のような分岐点でした。ここで擦れ違うハイカーさん達は挨拶を交わしたのち、みんなそれぞれの方向へ歩いてゆきます。私達はここにザックをデポし水晶岳に登った後、三俣へ向かうことにしました。

 

ザックをデポするにしてもサブバックはもっていないので、さすがに手ぶらじゃまずいだろーという事でスーパーのレジ袋に水などの必要なものを入れて向かいます。でも、この片手に何かぶら下げて歩くって、平地じゃあまり気にならないけど、石がゴロゴロした山道だとかなり歩きづらいんですよね。

 

いや~~、それにしても毎日毎日絶景の連続です。これだけ続くとお腹いっぱいで飽きてきそうですが、そのコースごとに表情が変わるので、まーーったく飽きが来ません。

 

槍ヶ岳や穂高連峰も見えてきました。

 

9:50水晶小屋です。帰りに寄るので行きではスルーします。

 

小屋を過ぎてしばらくすると、だんだんと道が狭く岩がちになってきました。登山道上にはところどころにストックが置かれています。

 

やがて梯子まで登場したので、さすがにレジ袋持っては三点支持もままならないので、岩陰にデポしました。「北アルプス水晶岳でレジ袋登山、呆れたハイカー滑落」なんてニュース記事になったら洒落になりませんもん。

少しして三昧が「なんか道がキラキラしてる」と言います。

 

言われてみれば、岩や足元の砂礫がキラキラ光っています。

 

すると、こんな立て看板が・・・。

 

「ええっっ!?このキラキラしてるのって、もしかして水晶!?」

 

・・かどうかはわかりませんが、ここにはどうやら水晶があるようで、それでこの名前が付いたんだと知り大コーフン。しばらく山頂の事も忘れてウロウロと周囲を探し回りましたよ。

 

10:36なんだかんだと、やっと水晶岳山頂到着。岩がちで細い登山道の山らしく、とても狭い山頂でした。何気に山頂直下のわずかな距離で息切れしちゃって辛かった~。後から来た女性が山頂10メートル手前で立ち止まってしまい「疲れた疲れた」を連呼してましたが、その気持ちわかるわ~。

水晶岳は双耳峰となっていて、今いる山頂標識があるピークより少し低い隣の岩がちなピークに三角点があるとのこと。先に行ったハイカーさんが「ちょっと危ない感じだったなぁ」と言っていたのでビビりな我家は行くのは止めました。

 

帰路も絶景を満喫しながら歩きます。

 

山の上は全てが鮮やかな色彩の世界です。

 

岩がちの山ですが、花もあちこちに咲いていました。

 


 

帰りは山バッチ購入のため水晶小屋に寄ってみます。周囲は大展望の贅沢立地で「よくこんな場所に小屋を造ったな~」と、ちょっとビックリ。ここに泊まったら、朝に夕方に刻々と変わる絶景をずっと見ていられるんだ・・。

 

小屋近くの小高い丘で大休憩の後、岩苔乗越へ戻りました。

12:30岩苔乗越からは黒部源流を辿り三俣へ向かいます。

 

このコースでは、(画像では単なるガレ場にしか見えませんが)歩き出してすぐに細い沢状の水場があり、これが下降するにつれあちこちの沢や雪解け水を集め、やがて黒部源流の太い流れとなって行く様を見ることができます。沢筋のラインからいって、岩苔乗越からすぐのこの水場が黒部源流のはじまりといってもいいんじゃないかな、と思いますが。

 

明るい沢沿いを歩くこのコースもまた、雄大な山岳風景とはまた違った、

 

瑞々しく美しい景色を楽しむことができました。

 

あんなに細かった沢が、こんなに立派な流れになりました!

 

ここでしばし川遊び。

 

来たよ、黒部源流~~っっ!

 

「黒部川水源地標」こんな石碑もあり、旧建設省の名が刻まれていました。・・て、この石碑いつからあんの?

 

その後は源流の本流を離れ、支流のひとつの細い沢に沿って進むのですが、相変わらずあちこちから流れ出る美しい清水に目を奪われます。この小さな流れひとつひとつが集まって、やがてあの大きな流れるなるんだなぁ・・。

 

・・・と、ここまでは楽しく歩いていた私の体に突如異変が。

 

なんたが急にフラフラとなり、こんなに暑いのに冷たい汗が出るんですよね。足もすっかり重くなり、これはもうあきらかに「熱中症のはしり」でしょう。

あれほど水に囲まれて歩いて来たのに、持っていた水を全部飲み干す勢いで水分を欲します。あきらかに様子のおかしくなった私を見て「もう三俣は近いはずだから」と三昧が急いで先に行き、やがて冷たい水を汲んで戻ってきてくれました。(この時飲んだ水は美味しかったな~っっ)

聞けば三俣のテント場がもうすぐ上にあって、その水場から汲んできたとの事。

 

冷たい水に助けられ、やっと辿り着いた三俣のテント場です。

あぁ、やっと着いた・・。具合が悪くなり始めてからここまで、ほんとうに少しの距離だったけど本当にキツかった・・・。真夏の北アルプスは逃げ場のない直射日光に長時間さらされるので侮れません。(というか、水分と塩分補給に気を付けます、はい)

つづく。

-日本半周・2018, 山歩き, 北アルプス

Copyright© はしご湯のすすめ・日本放浪編 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.