山歩き 群馬県の山

額取山 冬の一番乗りは嫌だよ

投稿日:

2022年2月11日

今年に入って2度目の額取山です。額取山というのは福島県郡山市にある山で、近くにはあの磐梯熱海温泉があります。

額取山は市街地からアクセスしやすいのに自然がたーーっぷり、その頂上からは郡山市や須賀川市の眺望はもちろん、東北を代表する名山「安達太良山」や「磐梯山」がドドーンと見える大展望らしいのです。

 

その大展望目当てに1月の天気のいい日に登ってはみたけれど、「おや?おやおやぁ?」平地は晴れなのに山頂にだけ雪雲がかかり局地的に暴風極寒でした。楽しみにしていた景色も真っ白けっけ~。(上の画像)

それがあまりに残念過ぎて再び額取山にやってきたゾ!

 

額取山滝登山口・積雪時の駐車スペース「弘法清水」

 

額取山の二つある代表的な登山口のうち、出発地点は一番人気っぽい「滝登山口」です。到着時はまだ一台も車がいない。寂しい。

夏場は登山口すぐ近くまで車で行けるらしいですが、訪問時の冬場は積雪のため少し手前の「弘法清水の駐車スペース」に停めるようです。

場所はコチラGoogleマップ

 

実は1月の額取山の時に「轍もあるし登山口近くまで行けるっしょ?」と弘法清水からさらに奥に車で進んでいったところ・・・なかなかの手ごわい積雪に危なくスタックしそうになって冷や汗かきながらバックで戻ってきました。

▼その時の林道状況▼

弘法清水から先、最初はほぼ雪がないんですが(1月の画像)、

 

アッサリとこんな状況に(1月の画像)。※2月の今回はもっと積雪ありました。

どうりで地元ナンバーの人はみんな弘法清水より先には車で行かないワケだ。(自転車の人は手押しで行ってた)

 

額取山・山行スタート

 

7:47結局誰も来ないまま弘法清水駐車場スタート。ちょうど歩き始めたころ2台目の車がやって来ました。

ここから滝登山口まで林道歩きです。前日の2月10日は関東界隈の降雪がニュースになっていて、ここでも降ったのか前回よりちょい多めの雪でした。

 

登山前後の林道歩きは好きじゃないですが、ここは最初は田畑やがて樹木の清流沿いを歩けるので苦じゃないです。

 

動物の足跡もい~っぱい。

 

8:24滝登山口に着きました。

 

前回はこの時点で0℃。今回は4℃。たった4℃の差だけど随分暖かく感じるなぁー。

 

最初はゆっくりと木立の中を上って行きます。昨日の(?)雪がフカフカと積もっていたけれど、トレースはしっかり残っていました。

 

「風もないし暖かで山日和だな~サイコー」と、この時は思ってました。

 

9:02「熱海登山口コース」との合流地点です。ここから「ググッとした登り」と「楽々平行移動」が交互にやってきます。

 

雪はフカフカだけどスパイク長靴でも問題なく歩けました。

 

やがて・・・おや?おやおや?トレースが無くなってるじゃあ~りませんかぁ~。地形の関係なのか雪が吹き溜まりやすいんでしょうか。土地勘のないまだ2度目の山でコレはキツイなぁー。

 

地図を確認しながら登山道上を正確に歩くことにします。ちょっとズレただけで股下までドスンと踏み抜いちゃって、も~大変。

 

おっ!目の前にかすかな足跡が残ってるゾ!と喜んでよく見ると、それはウサギさんの足跡でした。地図を確認するとほぼ正確に登山道上を歩いてるんですね。ウサギさんもGPS持ってるんでしょーか?

ウサギさんに道案内してもらってる感じになってきました。(BGM・まんが日本昔ばなしオープニング)

 

場所によっては膝上までのラッセルが続いてツライ。

 

降雪の後の一番乗り入山。そのスジのマニアさんはニヤニヤできるシチュエーションですが、できるだけ楽して山頂に行きたいので、ラッセルとかホントご遠慮願いたかった。

 

木の枝がサボテンみたいになってきました。温泉マニアさんなら「わぁ、温泉の析出物みたい」と喜ぶやつです。

 

あの先が山頂でしょうか?

 

動画もドウゾ。(音が出ます)左の点々はウサギさんの足跡です。登山道をほぼ正確に通ってました。

 

10:43ようやく山頂です。

 

「おやぁ?これはデジャヴかな?」前回とまったく同じ真っ白けっけな光景が目の前に。

 

グルリと一周動画でドウゾ(音が出ます)。サーキュレーターのターボMaxよりキツイ強風が吹きまくってブレブレです。磐梯山や安達太良山はどこへ行っちゃったんでしょうか。

「山頂で食べよう」とコンビニでオニギリ買って来たけど、とんでもないっす。ここでオニギリ取り出したら郡山の市街地の誰かの庭まですっ飛ばされそうです。「ママー!お庭にオニギリが落ちてる!」「あらやだ気持ち悪いわね、誰の悪戯かしら」

 

これはケルンか何かですか?

 

まっすぐ立っているのもキツイ状況なので、とっとと下山します。下山は自分の踏み跡があるので漠然と歩いて降りればいいだけ状態で気がとっても楽です。

 

ちょっとだけ雪雲が抜けて景色が見えました。

下山時にようやく他の登山者さんと擦れ違いました。ワカン?かんじき?みたいなのを付けて歩いていて、ぜんぜん沈まないらしいです。ものすごく快適そうでした。そして風の影響を受けない場所まで降りてきて、雪の上に置いたバックパックに座って持ってきたオニギリを食べました。(本当は山頂で大展望を眺めながら食べたかったなぁー)

 

12:20滝登山口まで戻ってきました。風もなく暖かで穏やかです。

 

駐車スペース近くまで来ると、雪がすっかりと融けていました。

 

12:54駐車スペースに戻って来ました。おぉ、満車になってます。ここは登山客の他に弘法清水に汲みに来る人も多いみたいです。あの大きな木は枝垂れ桜かなぁ?春はとんでもなく綺麗な眺めになりそう。

 

こちらが弘法清水です。とても綺麗に澄んだ水がジャバジャバ流れていました。

 

額取山のいいところは下山後の温泉が選り取り見取りなとこです。意外と知らない人が多いですが、郡山は源泉掛け流し施設が多い温泉天国なんです。

はしご湯のすすめ福島県の温泉リストもどうぞ
 

【おまけ】郡山の田んぼを闊歩していた白鳥さんたちの動画(音が出ます)。磐梯熱海温泉近くの田んぼで、豪快に泥をまき散らしながら餌探ししてました。

Google・ハイキング(北アルプス以外)




-山歩き, 群馬県の山
-

Copyright© はしご湯のすすめ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.