晴れたら山、雨なら温泉、さぁ今日はどっち?

はしご湯のすすめ

お知らせ

唐突ですが、安定のレールから外れてみます。

投稿日:

唐突ですが、夫婦そろって長年勤めた仕事を辞めて、ちょっと長めの旅に出ます。一週間とか二週間とかそういうのじゃなく、もうちっと長いやつです。

はい、これが前記事でチラッと触れた我が家だけのビッグイベントの正体でした。

休み少なめの日常の中、旅好き夫婦の私達は「いつか時間を気にせず気ままに歩ける長旅に出てみたい」と、漠然とした憧れを持っていました。とはいえ、やっぱり現状の安定した平穏な日々も捨てがたく、もうある程度(というか、実際はかなり)のいいトシという事もあって「定年まで頑張って勤め、そのあとに好きな事をすればいいかな?」なんて、当たり前の事を思ったりしてましたが、

さぁ、いよいよ老後を真剣に考える年齢にさしかかってみると・・

「あれ?少し前と比べて随分と体力落ちて来てないか?」

「あれれ?気が付けば、体のあちこちポンコツになってきてないか?」

どうやら、いくら健康に気を付けてお金をかけて体をメンテナンスしているつもりでも、寄せる年波には抗えぬようで。

体力と健康は加齢と共に確実に消耗してゆく。そしてそのスピードは、自分が思うよりはるかに早かった。

老いてゆく自分とあらためて対峙してみると、

「はて、このまま務めた先に何がある?」「定年後にハードな旅ができんの?」

「もしかして・・長旅やるなら今が体力的にギリギリラインじゃない?」←いや、もうギリギリラインは過ぎている気も。

そんな事を思うようになりました。

 

早いハナシが

「これまで十分働いたし、もぅいっか~~」

って事です。

 

この先得る収入もたかが知れてるので、仕事にしがみ付く未練もないです。



ちなみに、ある程度のトシになれば、豪華列車だの豪華客船だのそういうラグジュアリー方向に進む人もいらっしゃるかと思いますが、我家の求める方向とは違います。そもそもラグジュアリーに散財できる財力はないなあ~。

 

というわけで私達夫婦は、

ちょいとばかり安定のレールから外れてみます。

-お知らせ

Copyright© はしご湯のすすめ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.