山と旅と温泉道具・書籍

【熊が人を襲うとき】を読んで山でのクマ対策を考え直す

更新日:

山でクマに襲われる方法

かなり衝撃的な文言ですが、これは2017年5月1日に出版されたクマ研究家米田一彦氏の著書「熊が人を襲うとき」の一文です。

「本書のタイトルを『山でクマに襲われる方法』としたいくらいで、ほとんどは襲われるべくして襲われていた。」(米田一彦,2017,p.2)

と米田氏は著書の中で書かれています。

米田氏は秋田県庁生活環境部自然保護課に勤務の後、退職後は各県の委託、環境省のもとでツキノワグマの調査を行ってきたクマ研究家で、知る人ぞ知る日本トップクラスの場数を踏んだ、野生ツキノワグマ研究における実践派、プロ中のプロですね。

その米田氏が出されたこの「熊が人を襲うとき」は、過去の膨大なツキノワグマによる事故をクマの生態や習性を織り交ぜて検証したもので、山に入るという事、熊と接する可能性のあるグレーゾーンへ足を踏み入れるという事、それは、もはや自身の身は自身で守るしかない領域である、という事をあらためて思い知らされるものでした。

自分の身は自分で守る、それはすなわちクマに対する知識を深めるということに他なりません。

クマに関する事故といえば、米田氏が調査に入った2016年の鹿角市の十和利山熊襲撃事件が記憶に新しいですが、個人的には2013年5月の会津美里町の件もまた衝撃的でした。あれは、ツキノワグマが遺体を抱え込む習性の二次被害の顕著たるものじゃないですか。被害に遭われた方の恐怖たるや、想像を絶するものがあったと思います。「え?クマに襲われたら逃げればいいんじゃないの?」などと決して安易に言えない、クマの執拗な習性についても本書には記されています。

おそらく一般のハイカーの間では「子連れの母熊が危険」「犬を連れて行くと安全」「ラジオや鈴をつけていれば安全」と、信じられているフシがありますが、決してそうではないという事例も書かれています。

というのもクマの行動は「子」の月齢によって変わってくるし(子が小さいほど危険というワケではなく、むしろその逆)、犬連れやラジオに関しては逆に被害が大きくなってしまう例もあるとのこと。実際知床でヒグマスプレーをレンタルする際にも、鈴などで常に音を鳴らしっぱなしではなく、周囲の音に耳を澄ませいちはやくクマの接近に気づくことも必要と教えていただきました。また山歩きの大定番「クマ鈴」にも効果のある音、ない音があるようで、私は読後に熊鈴を買い換えました。テント場でのあの用具もクマを引き付けてしまう危険がありました。

・・・・と、ここまでが、これまでにもよくある「クマに出会わないための対策」についてですが、この「熊が人を襲うとき」の興味深い点は、襲われたその先について、時にサバイバルな生還を、時にぞっとするような事例を、かくも冷静に淡々と積み上げている事でした。

人は(私も含め)ツキノワグマに関してあまりに無知過ぎました。人の無知はクマにとっての不幸のはじまりだと、「熊が人を襲うとき」を読み痛感しました。

楽しい山歩きばかりを強調した本や雑誌もいいですが、山を歩けば出会うかもしれない隣人(クマ)について、もう少し深く知ってみてもいいんじゃないかと思います。不幸にもクマに襲われた1993例から「熊が人を襲う時」を知る事は、決して無駄ではないと思いました。

書籍の最後にツキノワグマによる人身事故防止の箇条が記されているのですが、ラスト一文は、クマに遭遇して無事に戻れた際になすべき事が記されています。

 

それは、

 

「家に帰って、クマとの遭遇を反省する。」

 

でした。

出典:米田一彦(2017)(スポンサーリンク)熊が人を襲うときつり人社

 

▼飯豊で遭遇したクマ。同年はこの他に皇海山への林道でもクマに遭遇。2018年は北海道でもヒグマ目撃。育った環境が秋田の田舎ってこともありましたが、子供のころからクマとの遭遇率が高い自らの行動を反省。

スポンサーリンク

山と高原地図 2019年版
2019年版出ました。

-山と旅と温泉道具・書籍
-

Copyright© はしご湯のすすめ・世界放浪編 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.