晴れたら山、雨なら温泉、さぁ今日はどっち?

はしご湯のすすめ・日本放浪編

日本半周・2018

日本海をひたすら北上するのだ(新潟県はビックリするほど長かった)

投稿日:

というわけで8月5日の朝、台風接近による大気不安定のため山にはとっとと見切りをつけて、日本海側をひたすら北上開始。高速代ケチるために下道のみで上越から新潟県を北上してみたところ、とにかく長い、長い。朝から一日ひたすら走ってもまだ新潟県を抜けず。まぁ途中途中で寄り道もしちゃってますが。

 

寺泊を過ぎ、

この日は道の駅胎内で力尽きて車中泊。

道の駅胎内は十数年前に温泉目当てに訪問したことがあるけれど(温泉は数年前に閉鎖)、今回久々に来てみると随分感じが変わったな~という印象を受けました。子供をターゲットにしたファミリー向けの道の駅になっていました。暗くなっての到着だったんで様子はよくわかりませんが、子供の好きそうなキャラクターが置かれ、電飾がキラキラ輝き、虫捕りのファミリーが賑やかに歩き回っています。「賑やか過ぎてここで車中泊はダメかな」なんて最初は思っていたんですが、時間を追うごとに観光客は帰路につき、気が付けば車中泊組は我家を合わせて2台だけ。駐車スペースもじゅうぶんあり、静かでトイレも綺麗で快適でした。

2018年8月6日(月)

 

 

土砂降りの音で目を覚まします。朝になって気が付いたんですが敷地内に樽ヶ橋遊園(310円)というのが併設されていて、広い柵内で飼育されている鹿君たちが何故か一か所に集まり全員でコチラをジーーッといぶかしげな眼で見つめていました。どれどれと近づいてみると、今度はブァーと奥の方へと逃げてしまいましたが。どうやら鹿君達には不審人物がわかるようです。

台風の影響か、この日は朝から土砂降りの雨になったり、晴れ間が見えたり、また雨になったり。天気図を確認してみると、山形県内が凄いことに。土砂災害の情報はまだ出ていないものの、避難指示や氾濫危険情報が出されています。やがてピークは抜けるハズですが、比較的安全な海沿いを走り鶴岡・酒田を抜け秋田県を目指します。

それにしても昨日海沿いをあれほど走ったにもかかわらず、まだ新潟県を抜けていません。長いぞ、新潟県!

 

お昼頃、やーーーっと山形県へ入りました。

 

見える景色はあまり変わらないけれど、長かった新潟県をやっと抜けてちょっと嬉しい。

 

 

「鶴岡」の文字を見て今がちょうど「だだちゃ豆」のシーズンだと思い出しJA鶴岡へ。久々に来てみると、なにやら「もんとあ~る」なる、新しい直売所ができてました。「だだちゃ豆」は「枝つき」と「袋入り」の2パターン販売方法があって、JA鶴岡では「枝付き」は屋外の特設テナントで販売されます。ところがコレが大人気で午前中の早い時間に売り切れちゃうんですよね。当然、お昼に行ってはもう残っていません。なので直売所店舗内の袋入りを購入しました。そして鶴岡名物のメロンも購入。

 

「だだちゃ豆」は、この独特の臭さと甘みがたまらんのですよ。

 

夕方近くになり、ようやく秋田県に突入。今宵は海岸沿いから少しだけ内陸に入った由利本荘市の「道の駅おおうち」でお世話になりました。この日は夜暗くなってから到着し、朝は5時前に出発したので明るい時の状態が全然わかりません。すぐ後ろには駅があり、ときおり二両編成の列車がカシャカシャと音をたてて通り過ぎてゆくのがみえます。

2018年8月7日(火)

 

早朝の「道の駅おおうち」です。

 

台風の影響か朝からどんよりとした曇りで、風がひゅうひゅうと吹いています。

 

かと思えば青空が広がったり、

 

相変わらず大気の状態は不安定です。

 

秋田港近くで見かけた寝台列車の車両。どこかに輸出するんでしょーか?

実は明日あたり青森からフェリーに乗って北海道へ抜けようと思い、ネットでチケットを購入しようと調べてみると、直前ではネット購入できないとのこと。そこで電話をしてみると、なんと青森便はもうお盆明け近くまで満席、でも大間便なら明日空いてますよ、との事で購入しました。青森発の便数は多いから楽にチケットが取れるだろ~なんて考えていたら甘かったです。夏の北海道って大人気なんですね。

それにしても大間発函館行のチケットを購入したはいいものの、まだ秋田港らへんをウロウロしているって・・・。明日の昼までに大間まで行けるのかなぁ?

 


 

いよいよ青森県との県境近くまでやってきました。昼食で立ち寄った道の駅はちもりです。ここには、おいしい湧き水「お殿水」が流れているんですが、それを利用したお殿水ラーメン(720円)を食べてみました。この食堂は地域の食堂としても利用されているようで、訪問時はお昼休みのお客さんでなかなかの賑わい。スタッフがおばちゃん一人で大変そうでした。「いつもは二人なんだけど、きょうはひとりが休みなの」と、汗を拭き拭き笑ってました。いかにもベテランといった身のこなしで、ひとりでもどんどんお客さんをさばいていきます。ラーメンの後は旬の岩ガキも注文。2個で500円。レモンを絞っておいしかったです。

 


 

食後は「お殿水」も汲ませていただきました。水質検査もしっかりされています。

 

そしていよいよ、青森県へ突入~~っっ。

 

深浦へ来るのもどのくらいぶりだろう?

 

道の駅で生タコ刺しを買っておやつにしました。本当はイカ焼きを買いたかったんだけれど、なにやらイカが不漁のあおりか、以前よりも数百円も値上がってたんですよね。まぁ以前と言っても十数年前の話ですが・・・。ちなみにタコはいっぱいとれるようで安かったです。

 

 

数年ぶりに立ち寄った静観荘はますます鄙びが入ってました。お湯は相変わらずよかったなー。

さぁ、明日のフェリーに間に合わせるため、ここから一気に大間を目指しますよ!

と、思っていたら五所川原でアノ祭りに出くわし長時間の道草をくっちゃいます。果たしてフェリーに間に合うんでしょーか?

-日本半周・2018

Copyright© はしご湯のすすめ・日本放浪編 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.