世界一周 タイ

チェンマイのイミグレーションで滞在期限を延長した

更新日:

ここまでのいきさつ

パーイのかわいいワンコに、バイクでコケた傷を舐められて狂犬病ワクチンを接種。

そのワクチンが古いタイプで、チェンマイに行った病院では続きが打てないということで、新しいワクチンをイチから打ち直すという、なんだかよくわからん事態になりました。

パーイで犬に傷を舐められ狂犬病ワクチン

生きていると、いろんなレアケースが起こるもんですね。

実はこの時点で次の国へのLccを予約していました。

けれど今回の件で、タイ国内で全てのワクチンプログラムを確実に完了させた方がいいんでないの?という決断に達しました。決断というと重そうなイメージですが、まぁ単にタイの滞在をあと一か月のばすってだけです。

 

ここで問題になるのが、パスポートに記されたタイ滞在期限

私達は2018年12月15日にビザなし入国をしています。タイの滞在期限は2019年1月13日まで。そしてこの日が2019年1月10日。

いや~・・まさに瀬戸際状態ですね。

パスポートに記入された日数を越えちゃうと、罰金というキツーーイお仕置きがあるらしいんで、それたけはなんとしてでも阻止しなくてはなりません。

「ミャンマーまで行ってちょっと入国して戻ってくればいいよ、それが一番安いしみんなやってるよ」

と、いわゆるビザランのアドバイスもされましたが、ミャンマーまでビザのためだけに行くって面倒くさいよーー。いくら安いっても、その労力と失う時間を考えると、アレですよ。

 

チェンマイのイミグレーションでビザなし滞在を延長してもらう

幸いなことに滞在していたチェンマイには、空港近くにイミグレーションがありました。ここで、もう30日だけビザなし滞在をのばしてもらえるってことで出かけてみました。

必要書類もまったくわからず「お金とパスポートを持って行けばなんとかなるだろー」と、例によって丸腰突撃です。ただイミグレーション前の道路を渡った向かいに「ビザ発給代行屋さん」みたいのがあって、そこでいろいろできるってことだけは事前情報として得ることができました。

 

到着したのは午後。チェンマイのイミグレーションはなかなかの混雑ぶりでしたが、座る椅子がないほどではありませんでした。

 

チェンマイイミグレーション入口前の簡易スペースには申告時に提出する用紙が置いてあって、お姉さんが二人待機しています。

 

この用紙に各自(青ボールペンで)記入し、必要書類をそろえ、

お姉さんにチェックしてもらい、

不備がなければチェンマイイミグレーションへ書類を提出する

・・という流れでした。

さっそく用紙をもらってチェンマイイミグレーションから道路を渡った、ビザ発給代行屋さんへ行きます。

何やら白い御殿のような立派な建物で「本当にここ?」と思ってしまいましたが、ここでした。

私達はここで提出書類に必要な写真撮影とパスポートのコピーをしてもらいました。料金は全部でひとり104B(約360円)。

書類の記入もしてもらっている人もいましたが、これは別料金かな?

カウンターに書類の記入例と青ボールペンがあったので、図々しくもちょっとお借りして、見ながら書かせてもらいました。

 

チェンマイイミグレーションに書類とお金を提出

書類が揃ったところで、再びチェンマイイミグレーション入口前のお姉さんのところへ行き、書類をチェックしてもらいます。ここで書き洩らしがあれば、とても丁寧に優しく教えてくれますよ。そしてお姉さんのOKが出たところで、イミグレーション内に入り書類と申請料ひとり1900B(約6600円高ーーい!)を提出します。

提出し終えると、番号の書かれた控えの紙をもらえるんですが、電光掲示板を見ると40人弱待ちくらいのようでした。中で待ってても暇そうなんで、ちょっとチェンマイ空港を見学に行くことに。

なんとイミグレーション内で待ってなくても、ネットで順番状況がわかるありがたーーいサービスまでありました。ただしこの時はまだSIMを買ってなかったんで、この便利なサービスを利用できず。

そして再びチェンマイイミグレーションに戻ると、随分人が減り、あと10人弱待ちくらいになってました。そして名前を呼ばれ、空港の出入国審査でよくある簡易撮影。

そしてまた少し待ったところで名前と国名を呼ばれ、延長許可の記されたパスポートと申請料のおつり(バチーンとホチキスで留められた)が返されました。

ちなみにこの時呼ばれた国名は、アメリカ、中国、イギリス、オーストラリア、ドイツ・・うーーん、すっごいインターナショナルだっっ。世界各国からタイを目指してみんな来てるんですね。

こんな具合で、何か質問されるとか一切なく、とにかくタイ滞在の延長をお金で買うって印象でした。

まぁ多くの国がそうであるように、お金を落とせる人はウエルカム、逆にそうでない人は「そろそろお暇願います」って感じでしょうか。

これで無事(?)タイに滞在できる日が長くなったワケですが、さてこの一か月何をしようか。やっぱり観光かな。

タイにはまだまだ見てないところがいっぱいあるしね。

・・・なんて思っていたら、またまたトラブルが。うーーん、タイとは相性が悪いのかなぁ?

-世界一周, タイ
-

Copyright© はしご湯のすすめ・世界放浪編 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.