晴れたら山、雨なら温泉、さぁ今日はどっち?

はしご湯のすすめ・日本放浪編

日本半周・2018 山歩き 北アルプス

薬師峠~雲ノ平~高天原~三俣蓮華~黒部五郎・5泊6日テント泊周回・その9~鷲羽岳から黒部五郎小屋~

更新日:

2018年7月24日(晴れ)

 

朝です。この日の朝は4時50分の時点で11℃もある暖かな朝でした。夜も気温はあまり下がらず、おかげで奇跡的に結露がありません!結露が無いって快適だ~~。

まだ5時ですが既に出発する人も多く、夜明け前に鷲羽岳や三俣蓮華岳方面にいくつかのヘッドランプが見えました。

 

本日は三俣から黒部五郎小屋まで移動するだけなので、のんびりできます(いつものんびり・・というか行動は遅いですが)。朝ごはんは相変わらずアルファ米ですが。

 

7:00まずはテントを置きっぱなしにして鷲羽岳を歩いてきます。例によってアタックザックなどという洒落たものは持っていないので、ペチャンコにした大型ザックを背負ってという、なんとも情けないみたくれですが。鷲羽岳の登山道はザレてますが太いのでスムーズに歩けました。

 

眼下に広がるハイマツの海に三俣山荘が見えます。そしてその斜め右後ろの残雪周辺がテント場、さらにその後ろが三俣蓮華岳ですね。こうしてみると三俣山荘がいかにいい場所に建っているかわかります。

 

途中で見えた鷲羽池。ここへ降りるかすかな登山道らしき筋があったんですが、この辺りで電波を拾っている人がいました。どうやらこの辺りでは水晶小屋と鷲羽岳の八合目(ん?七合目だっけ?)で携帯の電波が拾えるらしいです。水晶小屋はともかく鷲羽岳八合目って・・微妙だ。

そして、この辺りに来ると妙に温泉マニア心をくすぐる火山ガス臭が漂ってきます。どうやら鷲羽池の背後、槍ヶ岳との間に見える茶色いギザギザの山、その名も硫黄岳っていうらしいですが、その山肌が一部白くなっているのが見えます。あれはどうみても噴気地帯でしょう。もしかしたらどこかの湯元に活用されているのかも?

 

8:00鷲羽岳山頂に着きました!ゆっくり歩いて丁度1時間ってとこですね。もちろん、この日も360℃の大展望。これだけ毎日いろいろな角度から北アルプスの山々を眺めていれば、ある程度山座同定もスムーズにできそうですが、相変わらず全然ダメで、山頂で居合わせた他のハイカーさんに聞きまくりでした。

鷲羽岳ではあまり人に会わず「平日だからかな?」なんて思っていたのですが、山荘近くになって続々と登ってくる団体さんに遭遇。声をかけると皆さん韓国からのお客さんでした。同じ黄色いタグを付けていたのでツアーかなにかかな?それにしても韓国から北アルプスでも奥の方に位置する鷲羽岳まで来るなんて、日本同様に登山ブームなんですかね?

 

 

鷲羽岳下山後は、三俣山荘の展望食堂でお昼をいただきます。今回の縦走では二日目に太郎平小屋の押し寿司をいただいた以外は、シリアルバーやトレイルナッツなどの行動食だったので、こうして時間がある時はゆっくり山のランチをいただきたいです。展望食堂は目の前に槍ヶ岳などを眺めながらゆったりとコーヒーを飲んだり、軽食を食べられるちょっといい感じの食堂でした。

 

 

注文したのはジビエ丼とオムライス。どちらも美味しかったですよ。数日ぶりに街の食べ物を食べたって感じがして大満足でした。

 

11:00お腹も心も満たされたところで、テントを撤収して本日の目的地、黒部五郎小屋を目指しましょー。一晩お世話になりました。

まずはテント場のすぐ後ろに鎮座する三俣蓮華岳を越えます。三俣蓮華岳山頂を通らず時間も短縮できる巻道もあるんですが、訪問時は急こう配箇所にまだ残雪があり登山道の要注意地点にあげられていました。この巻き道を通った女性がいらしたのですが「残雪箇所が急斜面で怖かった」とのこと。我家はもちろん、山頂コースでゆきます。

 

この登山道も当然のように大絶景の連続です。北アルプスの縦走をはじめてから、毎日毎日朝起きてから夜寝るまで、刻々と変わる絶景に囲まれ続け、山からたくさんのご褒美をもらった気がします。

三俣側の山頂直下は比較的急な上にザレていて重いザックではちょっと怖い感じもしました。疲れて足がフラついて、一歩でも後ろに引かれたら「はい、アウト」ってな感じでしょうね。

 

11:55三俣蓮華岳です。山頂は広く、座ってゆっくり休憩しても良さそうでした。

 

山頂から先はハイマツの広がるゆったりとした登山道でした。

 

 

登山道上には所々に黒部五郎小屋の誘導電波が。

 

途中なかなかのお花畑がありました。北アルプスを縦走していると、これが当たり前の景色になってしまうのがコワイとこ。

 

おや?眼下にポツンと赤い屋根が見えてきました。あれが黒部五郎小屋だと思います。ここもまた、なかなかの立地に小屋を構えましたね。縦走中に何軒かの小屋を見て来ましたが、眺めの良い開けた場所であったり、美しい湿原に囲まれていたり、どれも極上立地をキープしています。こういう所に小屋を構えられるのは、やっぱりご先祖様による早い者勝ちなんでしょーか。

 

13:52黒部五郎小屋に到着しました。

目の前に黒部五郎岳を望み、向こうを見れば薬師岳、反対を見れば笠ヶ岳、そして満開のコバイケイソウと美しい湿原に囲まれた、なんとも贅沢な場所に位置しています。

 

 

小屋は素朴な雰囲気で、シルバー層を中心になかなかの賑わいでした。

 

登山道情報はこんな感じで掲示されていました。(※2018年7月24日時点の掲示です)

 

水場はテント泊の人もコチラを利用します。夕方以降は飲料の部分に蓋がされますが、水はとることができます。それほどキンキンに冷たい水ではありませんでした。

 

 

トイレです。テント泊の場合、トイレは小屋の裏に回り込んだコチラを利用します。構造からして小屋内のトイレを裏口から利用するといった感じで、いくつかの個室が並んだトイレを外から入るテント泊用と中から入る宿泊客用とに仕切っているようでした。小屋の裏側に位置しているし、ちょっと古い印象を受けたので最初は「ん?」と構えたのですが、ここが予想外の快適さでした。トイレの個室は洋式で、とても綺麗に清掃され、どういう構造なのか臭いがほとんどなく、今回の縦走の中では高天原小屋と並びトップの快適さでした。

 

テント場はこの小道を進んだ先、小屋から見て笠ヶ岳方面にあります。

 

少しだけ離れていますが、トイレに行くにも水場に行くにも苦にならない場所に位置しています。大きく分けて上段と下段とにわかれていて、上段は小屋に近くポジションによって笠ヶ岳、薬師岳、周囲の湿原を見渡せます。

 

下段は笠ヶ岳が目の前に見えますが、この日は全員が上段に設営したので、下段には誰も張る人はいませんでした。

 

我家は湿原が目の前に広がるテント場の出入り口に近いポジションにテントを張ることにしました。

 

こんな感じの景色が広がります。

 

最初はポツポツ程度しかテントはなかったのですが、夕方近くになって続々と到着、テント場は程よい賑わいになりました。相変わらずうちの前だけ散らかってますね~。

 

夕食は例によって(以下省略)。

 

夕暮れです。昼間は雲で隠れがちだった笠ヶ岳がスッキリと顔を出しました。

 

明日は最終日!我家にとっては長い距離を歩くので早く寝ます。では、おやすみなさい。

つづく。

-日本半周・2018, 山歩き, 北アルプス
-

Copyright© はしご湯のすすめ・日本放浪編 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.